山スキーその5

百松沢に降りるルートを見に行ってきました。
林道にうさぎの足跡
DSC06198.jpg
野うさぎにしては大きい
DSC06201.jpg
手前がうさぎ、奥がキツネ
キツネの足跡が2つづつ重なっていてクマの足跡に見える
DSC06204.jpg

林道なので楽に標高が上がる
DSC06206.jpg
先日登ったピーク、突端まで行かなくてよかったー
DSC06211.jpg

百松沢側の林道はスノーモービルコースになっていた
DSC06217.jpg
向かいに見えるシルバーザッテル
DSC06221.jpg

下りは沢を滑ってきました。
DSC06223.jpg
DSC06225.jpg

今日も下ってからニケをだっこで滑りました。
先日の動画だけど、ニケはだっこを要求するようになってしまいました。

山スキーその4

出発
P1030824.jpg
正面奥の頂上を右の沢から目指す
P1030829.jpg

適度に締まった新雪ではしゃぐ
P1030830.jpg

P1030857.jpg
ジグを切ってみました
P1030860.jpg
沢の途中から傾斜が急になったのでスノーシューに変える。
日陰の沢で標高も上がって雪が軽い
P1030873.jpg
最後の壁
P1030897.jpg

滑るぞ!
P1030898.jpg
滑った

P1030936.jpg

新雪 深雪で最高
これだけl傾斜があるとニケも追いつけない
降りてからだっこして滑ったら 納得したようで 後はあまり吠えなかった。

P1030951.jpg
P1030959.jpg

右側が今日滑った沢
尾根沿いは傾斜と風で雪が薄くて歩くのが困難と判明
0327_4.jpg

沢に入らず斜面の林道を迂回して 源八沢ルートに合流すればあまり高度を下げずに行けそうです。
trmp2.jpg

百松沢山

百松沢山
赤が源八沢ルート、紫が宮城の沢ルート、真ん中手前の水色の尾根が開拓しようとしているルート
尾根の左側は南斜面の崖で雪崩の危険
この前行った尾根の頂が標高550m、シルバーザッテルが700m、道のり2kmなので尾根沿いに行ければ近い。
シルバーザッテルから頂上まで標高差300m、道のり2km
尾根筋は急斜面でアイゼンでないと無理なので、無理無く歩ける傾斜の按部が続いているかどうか?
採石場が閉鎖されるまで入れなかったのもあるだろうけど、無理のあるルートなんだろうなー
尾根の雪庇が超危険なのと、4月になるとクマの足跡がたくさんあるらしい。

山スキーその3

軍曹殿おすすめの「だっこでスキー」に挑戦

「ニケも一緒に滑りたい」だと「だっこでスキー」はまずいかも?
と、ちょっと思ったけど理由がはっきりすればそれはそれでいいと考えることに

3月末とは思えない景色
DSC06147.jpg
記念撮影
DSC06157.jpg

すべってみました。


やっぱり「ニケも一緒に滑りたい(乗りたい)」だった様子
ニケをドッグバッグに入れて背負って滑るのはありだけど、そういうときにかぎってジョイが足をくじいたりする予感。

だっこしたままだと問題なく滑れる
DSC06164.jpg

山スキーその2

あきらめきれないので、ファンスキーでリベンジしてみた
DSC06114.jpg
登山靴兼用のブーツだけどサロモンのリアエントリーの方が歩きやすい

マイゲレンデに到着
DSC06121.jpg
ウロコ板改造のファンスキー、ここでシールははがす
DSC06124.jpg

滑るぞ!

かじられるのガマンしてなんとか練習してみようかなー?
2-3日練習すれば慣れてくれるような気もするけど、すでに2回目で強化されてるような 気もする。

山スキー

今日は山スキーの装備確認
P1030733.jpg
スキー、アイゼン、スノーシュー+ブーツ
最初はスキーを背負ってスノーシューで登る
P1030734.jpg

山に入ってすぐに問題発覚
P1030735.jpg
スキーのトップが木に引っかかる
P1030740.jpg
この木をくぐれなくてスキーを下げる
P1030738.jpg
今度は蹴り上げた足に当たって歩きづらいのでアイゼンに
P1030744.jpg
今日は雪が重い
P1030750.jpg
P1030747.jpg
つらくなってスノーシューに戻す。
履き替えは結構簡単。
尾根をトラバースするときにはアイゼンが必須なので履き替えの確認もしたかった。
P1030755.jpg
沢を一つ間違えて尾根を一つ迂回した
0322treck.jpg

今日の目的地、木の生えていない広場に到着
P1030757.jpg
さあ滑るぞ!
P1030759.jpg

で、滑り初めてすぐに大問題が発覚
まったく滑れない。

ニケがブランコと同じ反応
前に回り込んで止めようとするし、かわして先に行くと後ろからおしりをかじられる。

すべっちゃだめだと吠え続ける

結局、すべれずに下までボーゲンでずるずるおりることに
すべったのは最初の1ターンのみ
P1030776.jpg
ずっと見張ってる

下までおりて平らな所でも滑らせてもらえない


P1030781.jpg
ルートを見つけてシルバーザッテルを滑るのを楽しみにしていたのに、、、

夜の山へ

この前見つけた枯れ木の巣穴をのぞきに夜の山へ行ってきました。
DSC05264.jpg
最近は月の出てない夜でも街の灯りで明るい。
P1030637.jpg
昨日は雲が低かったので歩くには十分
P1030644.jpg
でも夜に木を見つけるのはむずかしいかったかも
ニケジョイも何度もはぐれて探しに行ったし、GPSが無いと不安
前には夜の山に時々行ってたんだけど、ニケジョイの耳が遠くなってからは行けなかった。

で、見つけた木

え!?、ほんとにいるの?
P1030662.jpg
山ではエゾモモンガに見えていたんだけど、帰って大きな画面で見るとアカゲラだー

P1030675.jpg

昨日見えた所へ その2

出発
DSC05847.jpg
正面に見えるピークを目指す
DSC05849.jpg
麓の沢から登る
DSC05875.jpg
DSC05878.jpg
ニケはどんどん先に行く
DSC05876.jpg
ジョイは、、、
DSC05882.jpg
どんどん登る
DSC05887.jpg
DSC05892.jpg

ニケがまた頂上に行きそうだったので
DSC05900.jpg
リードを付けた
DSC05903.jpg

本当の頂上には怖くて行けなかった。
DSC05915.jpg

帰り道ではしゃぐばーさん

今日の散歩

毎日散歩の時間になると騒ぎだすニケジョイ


歩き始めは日が照って暖かかったのに
DSC05796.jpg
直登口まで登ったら強風
DSC05805.jpg
気温も低くて表層雪崩の危険があったのでここで戻ることに
DSC05804.jpg
こんどはこのピークのてっぺんに登ってみる
DSC05809.jpg
帰りはいつものそら 山
DSC05827.jpg
DSC05830.jpg
ここも岩の塔で結構高い
DSC05832.jpg
DSC05843.jpg

昨日見えた所へ

今日はドッグバッグとレスキューキットをもって行くことにしました。
DSC05574.jpg
昨日は雪が固くて足場が悪かったんだけど、今日は暖かくて柔らかく足には優しかったけど重くて疲れた。


10年ぶりくらいに見たエゾライチョウ

ニケジョイと山に入ると不思議と動物が逃げない
DSC05587.jpg

今日は直登
DSC05607.jpg
広場
DSC05614.jpg
広場の木
DSC05621.jpg
よくカラスが冬に食べてる実
DSC05622.jpg
昨日ニケが登っていた岩の塔
DSC05761.jpg
DSC05436.jpg

昨日向かいに見えていた崖に行ってみる
DSC05654.jpg
登った
DSC05651.jpg

DSC05653.jpg

ここが頂上?
DSC05662.jpg
ニケが先に
DSC05685.jpg
DSC05698.jpg
危なそうだったので確かめたら 雪庇が落ちた。
文字通りの ナイフエッジで危ないので戻る。

向かいに見える阿部山と迷沢山
DSC05703.jpg

screen-capture.jpg

頂上の視界が開けないといまいち登った感に欠ける
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: