クワガタ、鹿、クマなど

今年の紅葉は綺麗だったけど短かった。
DSC08661.jpg

2年前の夏にニケが拾ったクワガタ♂、次の日に玄関前に♀が落ちててしばらく飼っていたら産卵した。
親は山に返して孵化して2年、やっと今年蛹になって1ヶ月。
いくら待っても土から出てこないので覗いてみるとちゃんと孵化してた。
外に出しても土に潜るのでこのまま越冬するつもりなのかも?

DSC08583.jpg
DSC08590.jpg
DSC08587.jpg
DSC08579.jpg
♂が5匹、♀が2匹

いつもの所に鹿の足跡
DSC08671.jpg
2、3日前に沢沿いに何か大きな動物がこっちに近づいてくる音がした。
人か鹿かクマだと思うんだけど、ニケジョイを見るとまた聞こえないふりをしてる。
ニケは耳が遠くなってるけど、ジョイは人や鹿なら吠えるはず。
逃げましたー

ドッグドック

ジョイもニケも気になるところは殆どありませんでした。

今年は紅葉が綺麗
DSC08628_20121029225606.jpg

二人共数年前から胆泥症気味でGPTが高めなので、利胆剤で様子を見ましょうくらい。
血小板が少ないのも気になっていたけど、血小板数自体が少ないわけではなく機械でカウントしにくい形状なのを確認。
何故か二人共白血球と血小板が少ない。

ドッグドックの結果は良好だったんだけど、検査の後に「詳しい検査結果は2週間後に報告しますが、ジョイのレントゲンで後ろ足の大腿骨に何かあるので2週間後にもう一度レントゲンで見ましょう」と言われました。
「高齢大型犬の大腿骨」に何かあったらアウトでしょう!と頭が真っ白になったんだけど、落ち着いて考えると骨肉腫だったら2週間後になんたらなんて悠長なことは言わないだろうとは思いました。
でも、それからは2週間後にブログに心配ないと書けるんだと、それを信じて過ごすことに
今日のレントゲンでもありましたが進行はしていませんでした。
ジョイに痛みが全く無いので炎症とか変性でも無さそうだし「わからん」って感じのようです。
生検が確実ですが、全身麻酔のリスクを考えると躊躇するくらい骨肉腫所見では無いようです。
10年前の筋肉腫騒動のときは生検がためらわれるほどどう考えても悪性腫瘍って所見だったけど、今度は逆。
悩ましい、頼むよジョイ。
人間だとレントゲンで偶然見つかる無痛の骨腫瘍はほぼ良性らしいんだけど、犬の場合は症例が無いみたいです。
2週間後にもう一度レントゲンを撮って生検するかどうか相談することにしました。


悶々としてた2週間、車買っちゃったよ。
来年レミが来たら夏の間乗っている2CVには乗り切れないので買おうと思ってたんだけど、ジョイがいなくなることはないんだという証に今車を買わなくちゃーという強迫観念で買っちゃった。
で、車庫が足りなくなるので虹色2CVを処分しようかと思ったんだけど写真を撮ってたら手放すのはしのびなくなって残すことに

IMGP6800.jpg

この車に乗っていると回りの反応がとても興味深いです。
子供から高校生くらいまでは、おおむね「すげー、きれいー、虹色ー、かわいい」
2割くらいは「なにあれー、へんなのー」
大人女子の2割くらいは感激してくれる。
大人男子の8割くらいは敵意むき出しの反応をする。
「 公序良俗に反する」みたいな反応、けっ!

最近二人ともララシドのベッドがお気に入り

DSC08597.jpg
ジョイははみ出してるし
DSC08648.jpg


現役?引退?

らむシュリ母さんが撮ってくれた写真です

13才になっても体力的には問題無さそうなニケ
しかーし、若いつもりで跳ぶのが問題、腰に負担が掛かるのは間違いない。
今年で引退のつもりでいるけど、大会の日の朝からのハイテンションを見ていると、
1,2投に制限して出た方が老けないような気もする。
IMG_1879.jpg
IMG_0924.jpg
IMG_1859.jpg

それにしてもらむシュリ母さん写真うますぎです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: