0228の散歩

雪だー
P1040923.jpg



重い雪で枝が折れて落ちてる
P1040920.jpg

ジョイは足に雪玉がついて重そう


通り道にも落ちてる
P1040925.jpg

降りて来たら雪がやんできた。
一番ひどいときに歩いてた。
P1040932.jpg

0227の散歩


JoyCam

NikeCam

0226の散歩

また雪積もった、、、、、

昨日と同じルート
P1040903.jpg
途中で雪の重みで折れた枝を片付けていたらニケが吠える
また枝にぶら下がって遊んでると思ったらしい。

駆け下りるジョイ
ニケジョイは自分で雪を取る


タヌキの巣穴
足跡を見ると歩き回ってる?
タヌキは「足が短いので雪の中を歩けない」とか「冬は冬ごもりして殆ど活動しない」とか書いてあるんだけど?
これがタヌキの足跡だとすると冬中毎日雪の中を歩いてることになる。
足跡がちょっと大きすぎるしタヌキの足跡は1本道にならないと思う。
キツネが毎日巣穴をのぞきに行ってるってことかなー
マーキングの様子からみてもそっちの可能性の方が高そう
P1040908.jpg
エゾタヌキの画像を検索すると冬毛ふかふかの写真もあった。
冬ごもりしているタヌキがときどき毛を乾かしているんじゃないかな?

シド
キリッとしてるように見えるけど、ふにゃふにゃ
P1040874.jpg
P1040871.jpg
P1040864.jpg
ララ
鼻くそララちゃん
P1040883.jpg
P1040879.jpg
P1040877.jpg

追記

やっぱり足跡はキツネらしい。
今度肉球の跡をしっかり確認
昨日、しばらくぶりにちょこちゃん夫婦が来た。
今日の散歩は2km、1時間、標高差100m、平均斜度15%
昨日?書いた5合目から頂上まで標高差150m、平均斜度22%だった。
もっとずっと傾斜に差があると思っていた。

0225の散歩

左はキツネの足跡
P1040835.jpg
昨日の雪でまた踏み跡が無くなった。

写真だと平に見えるけど、いつもの散歩はちょうど100m登っている。
木がじゃまで登った感は薄い
P1040854.jpg

100m直登したところ。
ここから山裾をまわってる
右側の斜面を50m登ると山頂なんだけど、急斜面。
P1040859.jpg
2日散歩してなかったので、ジョイも最初は雪の中を歩いてた。


P1040853.jpg

ここが標高200m
奥に見える山の山頂が350m
5合目あたりまで100m登ってる
P1040863.jpg

0224の散歩?

ニケジョイが散歩してるのは
P1040788.jpg
大雪山旭岳
P1040796.jpg

標高2000mで積雪4.5mの旭岳スキー場
P1040783.jpg
以前は春スキーで山腹を登って滑っていて、冬に来たのは初めて。
100人乗りゴンドラで300人くらいしか滑ってないので何回か滑ると殆ど全体が把握出来る。

1割が僕らみたいなゲレンデスキーヤー(コースと周りの新雪を滑る)
1割が同じくゲレンデスノーボーダー
2割が山スキーにシールで山腹へ
3割がゾンデ、スコップ、ビーコン、スノーシュー装備、フローティングスキーの山岳スキーヤー
3割が同じくフル装備の山岳スノーボーダー
コース外滑走不可のスキー場なのにゲレンデスキーヤーは場違いだった。
でもコースは誰も滑っていない新雪を独り占めですごく気持ちよかったー
コース外はフル装備でそれなりの知識と経験と体力がないと確実に遭難する世界。
この日は風は無かったけど気温−16度。


ニケジョイ、ララシドは車で寝てた。
ホッカイロを10枚くらい敷きつめると案外暖かい。
みんな車に乗るのが好きなのでこういう旅行は全然苦にしない。
P1040806.jpg



0222の散歩

ここ数日、毎日毎日ラッセルだった。
ニケジョイもあまり楽しくなさそう。
ジョイは深雪に入ると雪玉で歩けなくなるので入らない。
キツネやタヌキは7-8Kgしかないので新雪でも沈まない。
P1040717.jpg

タヌキ
また、巣穴の前でたそがれてた。
P1040774.jpg
大きい
冬毛だからなんだろうけど動物園も含めてこれまで見た中で一番大きい。

具合が悪いのかと思ったけど、スノーシューがぶつかった音で超速で巣穴に入った。
ジョイニケもこの距離で全く気がつかないし、タヌキも15mくらいの距離まで近づいて音を立てるまで気がつかなかった。

この距離でどうしてお互い気がつかないんだろう?


久しぶりに走った


P1040740.jpg
P1040752.jpg
P1040744.jpg
何度見てもすごい
P1040730.jpg

ほんとに仲のいいララシド
DSC00165.jpg
ちょっと暗いけど

0218の散歩

ばかだー
もう

あまり代わり映えのしない山の散歩から家のそばまで戻ってきて、ニケジョイにリードを付ける直前
中型の犬?が2頭
ニケジョイにまだリードを付けていないので緊張した。
犬?と思ったのはまるまるとしたタヌキとキツネ

大雪の下の巣からキツネの縄張りに出て来てぼーっとしているタヌキをキツネが困った顔して見ていた。
ニケジョイからは見えないらしくて気がついていない。
タヌキもキツネも緊張感はなくてお互い戸惑ってる感じでこっちには気づいていないか、気にしてないか。
で、ずーっと、ずーーっとビデオ撮ってたのに、映ってなかった。っていうか録画スタートしてなかった。
ばかだ!

タヌキとキツネとニケジョイがワンフレームでぽけーっと映ってたのに。

タヌキが巣穴の中に戻って、キツネも離れて行ったのでジョイニケにリードを付けて見に行った。
ジョイニケが繫がれてる土手の上から見ていた。
距離にして30mくらい、家の裏120-30mってとこかな。
足跡はキツネ
タヌキは冬には殆ど活動しないし夜行性なので、こんな真冬の昼間に素穴から出てたのは謎
タヌキを見かける時はいつもそうだけど、ぼーっと緊張感無く立ってる。
キツネも「なんなんだこいつは?」って感じで近づいてた。
とても野生動物には見えない感じ。

家のこんなすぐ裏にタヌキの巣があるとは思わなかった。
畑のトウキビを食べたのはこのタヌキだ、きっと

この穴の中にタヌキがいる。
雪ノ下は古い材木が積んである。
巣穴の周りの様子からすると、昨日までの大雪のあとに巣穴から出て来て周りが踏み固められるくらい歩き回ってる。
DSC00161.jpg

0217の散歩


DSC00145.jpg
ニケカム
DSC00142.jpg
ジョイカム
DSC00146.jpg
大体同じ時の3つの視点


0215の散歩

DSC00120.jpg
DSC00118.jpg
ジョイニケの頭の上の小さなカメラ
ジョイカム
DSC0011.jpg
レンズがずれてた

ニケカム


DSC00125.jpg

0214の散歩


途中で帰って来た
DSC00109.jpg
DSC00111.jpg
DSC00112.jpg

0213の散歩

木のない広場
DSC00068.jpg
DSC00067.jpg
エゾリスの足跡
DSC00077.jpg
エゾコゲラ
DSC00092.jpg

まったくもー、ジョイは。
よくドアにはさまってもがいてるけど、こんなとこでもひっかかってる。


「先に帰ってるからー」
そっちじゃないって


DSC00100.jpg

0212の散歩

山の麓までモービルで行って歩いてきた。
DSC00058.jpg
DSC00056.jpg
頭ちっちゃい
DSC00062.jpg
そこら中足跡
DSC00066.jpg
帰り

0211の散歩

冬の散歩もあと1ヶ月くらいかなー
今年は雪が多いから4月いっぱいは歩けるだろうけど、来月になったら春山散歩

今日はきつかった。
昨日までの強風で雪が締まっていて足を引き抜くのに疲れた。
DSC00055.jpg
DSC00050.jpg



0210の散歩

ちょっとアングルを変えて撮ってみた。
こうやって付いて来てたんだ。
もう10年以上毎冬毎日山を歩いていたけど、初めて見た。

0209の散歩

一晩で足跡が無くなった
踏み跡がないから近道しようとしたけど、ニケは拒否

昨日ジョイが帰った分岐、今日は慎重に

途中で踏み跡から外れたらニケが進めなくなった

ジョイが先に帰りそうになったので呼ぶ

普通に帰る時はたらたら歩く
「先に帰ってるからー」はやっぱり追いかけて欲しいんだろうなー

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: